ヘナの白髪染め

母が白髪染めを使うようになってから、髪につやがなくなりパサパサしてなかなか、髪型が決まらなくなってきたという話をよくしていました。

白髪染めは、染料を髪の内部に浸透させるため、キューティクルをはがしたり、また染料により髪がダメージを受けます。

それを繰り返すうちに、どんどん髪が傷んでしまうのです。

そこで、母の友人がヘナという植物染料を使用した白髪染めがある、ということを聞きました。

自然由来のものなので、強い刺激がなく髪へのダメージが少なく、ツヤも出てくるというのだそうです。

白髪染めは、髪だけでなく頭皮にも刺激があるので、髪質と頭皮の負担が大きくなります。

ヘナは、髪と頭皮にやさしいことが特徴なのだそうです。

ヘナは常緑樹で、エジプトやインドなどに生息しいるものだそうです。

またヘナは白髪染めい意外にも髪の毛や頭皮を保護したり、フケや痒みを抑えてくる効果もあるのだそうです。

ただし、市販の白髪染めに比べると、染めにくいのだそうです。

自然のものなので強い刺激を与えるのではないので仕方がないのかもしれませんね。

母は、髪にツヤが戻るなら使ってみる価値はあるかもしれない、と話していました。

それでもヘナの白髪染めを使ってすぐにツヤが出来たり、効果があらわれるということではなく、時間と根気が必要です。

今母は、泡タイプの白髪染めを使っていますが、その便利さや手軽さはとても気に入っています。

まずは、いろいろなものを使ってみて、自分にいちばん合う白髪染めを見つけるのがベストですね。